2017年の秋に発行した第1弾温泉本『究極の癒やし湯』に続いて、日本全国、3年半におよぶ八重洲出版モーターサイクリスト誌の取材を、1冊の本にまとめて出版。その第2弾は色彩豊かな温泉ばかりを巡った『究極のにごり湯』です。

第1弾同様に、バイクはほとんど出てきませんが、その代わり、温泉濃度を増量させた一般誌温泉本に再編集してます。読むのがめんどくさくても、写真を見ただけできっと癒やされるにちがいありません。それにしても見事な色の温泉ですなあ。。。


発行:八重洲出版
A4版 オールカラー 148ページ
価格:1400円(税込1540円)
発売日:2019年10月11日
■全国の有名書店、ペアスロープ本店・京都伏見店にて販売。
■ペアスロープ オンラインショップ通販は こちら >> (一番下に表示)
■アマゾンの通販は こちら >>

[編集スタッフ]
遠間和広氏:温泉ソムリエ協会家元(代表)、そして新潟県赤倉温泉の主人でもある。 飯出敏夫氏:日本を代表する温泉紀行ライター。現在までに3千湯の温泉に浸かっている。 北出恭子氏:テレビやラジオで活躍の温泉家。その美貌を活かし、華やかに表紙を飾る。 三橋弘行:当誌のメインライター。温泉知識では各氏に勝てないから、気合いで勝負。



[特別プレゼント]
温泉本と弊社製品の合算が15000円(税別)以上で、肌に優しい高品質日本製バスタオルを差し上げます。ご希望なら現在展開中のプレゼントも併せて・・・いかがですか。
■2019年10月11日より……先着60名様
■ペアスロープ本店・京都伏見店およびオンラインショップ



[温泉達人コレクション・・・トークライブ 11月16日(土)

飯出氏は温泉達人コレクション、略して「温コレ」という、温泉好きにはたまらないサイトを発信してます。その中に「温コレカフェ」という温泉トークライブ企画があり、温泉業界のさまざまな著名人が出演してます。
・・・なんと次回(11月16日)は、筆者三橋がマイクを持ちます。

出版される温泉本は、そもそも裏話が多いのですが、本には書けない、そのまた裏話を、スライド写真と共にしゃべってみようかと思います。よろしければどうぞ来てくださいな。キレイな北出恭子さんと共演です。
あっ、「カフェ」と言いながら、アルコールありですよ。温泉話をツマミにいっしょに呑みましょう。。。

表紙を撮影した『白骨温泉 小梨の湯 笹屋』にて

温泉達人コレクション(温コレカフェ)は、こちらからどうぞ >>


<< 戻る