今や日本では数少ないグローブ職人たち。カメラを向けると笑顔ですが、裁断機やミシンの前では真剣そのもの、声を掛けるのも控えます。
香川県のグローブ製作「屋島工房」にて



供給量の安定と生産性に優れた牛革素材は、ライディング仕様で最も多く使われている。弊社ではオイルを少し加えて、グローブ専用のしっとりとした風合いに加工。
より詳しい牛革グローブ解説はこちら>>
強度と耐久性は牛革を上回りながらも、柔軟性あるしなやかな操作感は絶品。牛革に比べて高価ではあるが、寿命が長いため、コストパフォーマンスは良い。
より詳しい鹿革グローブ解説はこちら>>
時には馬革でグローブを作ることもあるが、主に使用しているのは鹿革グローブのプロテクション使い。これは牛革でもよいことだが、鹿と「馬が合う」から。そのコンビネーションは「馬鹿(うましか)」グローブと呼ぶ。



操作性だけを重視するなら、薄くて柔らかい革が良い。そして防御を最優先するならば厚く頑丈なパッドをつけたほうが効果的。しかし・・・どちらも「一長一短」ではなかろうか。
ペアスロープはバランスのとれたグローブ作りを考えます。どちらかを犠牲にして一方的に際立った機能よりも、「ほどほど」がなによりと。楽しい旅の為に。。。



〔送信中] 2020年3月送信予定 〔送信中]
〔サイズ選びは上記各ページでご案内〕



〔屋島工房よりご案内〕
屋島工房の主、尾原による四国を中心にした日帰りツーリング。 屋島工房のグローブ作りを、ほんとにこってりご案内。

〔姉妹店 「屋島工房」のご案内〕・・・香川県高松市
ペアスロープのグローブを作っている「屋島工房」が運営する小さな店舗。本店・京都伏見店以外に国内で唯一、弊社製品を取り扱っています。近県の皆さま、どうぞお越しください。※グローブ製作がメインなので営業日にご注意を。

屋島工房公式サイトへ >>


<< メニューに戻る