<サイト案内 <メニュー <製品案内 <ギア&グッズ

印伝(いんでん)とは、表面を整えた鹿革に、模様の部分をひとつひとつ手作業でくり抜いた型紙を乗せ、その上から着色した漆(うるし)を塗ることで、革に立体的な模様を付ける技法(現代のステンシルや孔版と類似)で作られる伝統素材。丈夫なため、古くは武具に重宝されたことから、縁起を担いだ模様が多い。江戸時代には巾着などの袋物が流行し、お洒落な町人が好んで使ったと伝えられる。
長い歴史のある素材ながら、様々な工業プリント製品があふれる今、いっそう新鮮で魅力的。
※各画像をクリックすると、詳しい商品説明のページに移ります。


WB-1 印伝 WB-3 印伝
収納力十分のウエストバッグ やや小ぶりのウエストバッグ

コードバン印伝コインケース コインがまぐち
コンパクトなコインケース 懐かしいのに新しい、やはり便利なこの形

33CK 印伝コードバンカードケース コードバン印伝キーケース
上質な仕上がりで名刺入れにも最適 6本のキーフック+カードポケット


キーホルダー Koganemochiホルダー
ちょっとしたプレゼントにもお洒落 500円玉が収納できるキーホルダー

印伝ベルト BY-1 印伝
革と印伝を重ねた凝った作りのベルト かさ張らない薄型バッグ



<サイト案内 <メニュー <製品案内 <ギア&グッズ