<<サイト案内 << メニューに戻る 担当:三橋

このページでは、ほかのどのコーナーにも当てはまらない話題を不定期に掲載します。重要なことはほとんどなく、むしろ、どうでもよいことばかりかもしれません。・・・でも人間ってのはムダも必要なんですよね。ヒマを持て余してる方はどうぞご覧ください。

※最上部に緑のメニューバーが表示されていない場合は
正常な閲覧のために トップページ から入りなおしてください。



綺麗なモデルさんと撮影開始。
2019年1月20日 送信


春の製品の撮影を始めました。冬だというのに扇風機を引っ張り出して、薄着で頑張ってくれたのはペアスロープ初登場のモデルさん。どうです、綺麗な人でしょう。いやいや、それだけじゃあないんです。
先入観でしょうか、生まれも育ちも四国「高知」と聞けば、さぞや飲むだろうな・・・と思うものですが、そのとおり。なおかつよくしゃべり、明るい。これじゃ俺も負けてはならぬとガンガン飲むわけで、翌朝、応えますな。
対して男性モデル(弊社採用の生地屋の社長)ときたら、まったくの下戸で飲み屋でウーロン茶のみ。これで我らとテンション合わせるのだけど、彼女の笑顔でまんざらでもなさそう。

こうしてまだまだ撮影は続くのですが、その写真は春までしばらくお待ち、、、じゃなくて、その製品にもどうぞご期待ください。




温泉の楽しみ方、NHK。
2019年1月16日 送信

湯河原温泉 源泉上野屋にて石川さんと筆者

「指原莉乃(さしはらりの)さんと“混浴”しました。といっても足湯ですけど」・・・とのメールは、筆者の温泉本『究極の癒やし湯』でお手伝いいただいた温泉研究・評論家の石川理夫(みちお)さん。昨年春には、モーターサイクリスト誌の筆者連載『男の癒やし旅』でも湯河原温泉に同行、取材を助けてもらいました。

さて、NHK画面でちょくちょく見かける石川さん、今回はアイドルの指原莉乃さんとの湯河原温泉ロケゲスト出演。そりゃ楽しかったでしょうね、鼻の下がぼよ~んと伸びてないか心配だけど、まあ大真面目な方なので、それはないでしょう(?)。
筆者の取材で石川さんと泊まった湯河原温泉『源泉 上野屋』さんも出てきます。きっと温泉の楽しみ方を教えてもらえることでしょう。


NHK総合 1月19日(土) 20時15分 『さし旅』
「ブラタモリ」のすぐあとです。どうぞご覧下さい。
 http://www4.nhk.or.jp/P4386/

ただ、、、
番組タイトルが「温泉マニアと巡る温泉地満喫ツアー」とあるのですが、石川さんは「マニア」ではなく、温泉の研究・評論・執筆が本業です。まだ番組を見てませんが、皆さま、誤解なさらぬようお願いします。




遅ればせながら、本年の計画です。
2019年1月14日 送信



冬を温かく乗り越えて、快適な春を待ちましょう。






たいへん運のよいお客様もおられるようで・・・。
2019年1月12日 送信


※福引商品券の有効はは2月14日(月)までです。




新年早々、たくさんの笑顔。こちらもうれしいです。
2019年1月5日 送信

1月4日にスタートした『新春 福引運試し』、今年はいちばん最初のお客様が金賞(3万円商品券)を引き当てました。後ろに並んでいた方々は少々ガックリされてましたが、その後は銀賞・銅賞の連発。平成賞を引かれた方々は、それはもうニコニコされて防寒ウェアや革ジャンを半額で持って帰られました。
1月14日までです。皆さま、どうぞご来店ください。






謹賀新年でございます・・・2019年は太っ腹スタート!
2019年1月1日 送信

本年のご愛顧もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も『新春 福引 運試し』を1月4日よりおこないます。昨年よりさらにパワーアップ(?)します。
思えばこの新春イベントも7回目。昨年までは1000円商品券の無念賞が50%でしたが、今回はなと27%! 残り73%に「金賞・銀賞・銅賞」があるわけですが、それらに混ざって「平成賞」を加えたのが特徴です。



この「平成賞」が実にくせ者です。
半額商品券は1000円のキーホルダーが500円になるわけですが、それではもったいないですね。防寒ウェアやブーツも、かなりお手頃価格で購入できますから。

さらに革ジャンなら5万円引きくらいにはなりますね。そしてオーダー品も含めるというのですから太っ腹、金賞の3万円券よりラッキーとも言えます。確率は金賞の3%に対して、15%と高いですから、ぜひ運試しをされてみてはいかがですか? あったか~い珈琲を入れてスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。




福引で、もう一つ寒さに備えましょう・・・



メニューへ戻る >>






(売却を迷ったあげくに復活気まぐれ送信)

味なコーナー ・・・・・・




この木なんの木、気になる木?


よく目にする1987年からのマークである。そしてそのひとつひとつの文字やイラストに意味はある。しかし、それらを知る人は非常に少ない。 なぜか、、、今まで公表していなかったからにすぎない。 なぜか、、、たいした事ではないから。
でも2008年で弊社も25周年、そろそろお伝えしようかと。
PAIR SLOPE
これは社名&ブランド名。すぐ近くの「夫婦坂」を無理矢理欧文化したことはすでに知られている。どこか違う場所にショップをオープンさせたら、いったいどんな名称だったろうか。
・・・名前なんてどうでもよかったのです。要は製品勝負!
HONEST LEATHER GEARS & GOODS
この1行は1970年代に世界GPワールドチャンピオンだったコーク バリントン氏によるもの。1986年の来店時に弊社製品の印象を聞いたら「誠実な革製品!」と欧文で紙に書いて渡され、以降愛用する。
気になる“木”
なぜ木なんだろう、なんの木なんだろう、と疑問を持つ人も多かろう。それは弊社製品が、皮革やコットン等の天然素材を主体とすることに起因する。とは言っても、時は経ち、現在はライディングギアに適した高機能化学繊維も採用する。世間から言われるほどの頑固なメーカーではない。
なお、その木、ブナ科のドングリの木をイメージしている。カタチの整ったきれいなドングリは素晴らしい。そしてそこにはクワガタやカブトムシが集まる。(昔の)子供達にとってはヒーローの木だ。
It's very durable and ・・・
“我が製品は、流行に左右されず、末永く愛用できるでしょう” そんなふうなことを、カッコつけて欧文にしてみた。ただし、当時の知人経由で、日本人の英語教室の先生に依頼した文であり、ほんとうに英訳が合っているかどうかは定かでない。もし多少ちがっていても、そんなことにこだわりません。

確かにひとつひとつに意味を持つが、でもなぜ英語でなければならないのだろうか。 創業時からずっと“日本製”なのに。
そんな疑問から、近年、日本人なら誰でも読める“日本語”になりつつある。ちなみに素材までも国産を使用した自社工房製は“夫婦坂”表示。“ふうふざか”ではありません、“めおとざか”ですぞ! ・・・日本語ってのも難しいですねえ。



夫婦坂のつれづれ

Vol. 97 2018年 冬の夫婦坂
Vol. 96 2018年 秋の夫婦坂
Vol. 95 2018年 夏の夫婦坂
Vol. 94 2018年 春の夫婦坂
Vol. 93 2018年 冬の夫婦坂
Vol. 92 2017年 冬の夫婦坂
Vol. 91 2017年 秋の夫婦坂-2
Vol. 90 2017年 秋の夫婦坂-1
Vol. 88 2017年 夏の夫婦坂
Vol. 88 2017年 春の夫婦坂-2
Vol. 87 2017年 春の夫婦坂-1
Vol. 86 2017年 冬の夫婦坂
Vol. 85 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 84 2016年 秋の夫婦坂
Vol. 83 2016年 夏の夫婦坂
Vol. 82 2016年 春の夫婦坂-3
Vol. 81 2016年 春の夫婦坂-2
Vol. 80 2016年 春の夫婦坂-1
Vol. 79 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 78 2015年 冬の夫婦坂
Vol. 77 2015年 秋の夫婦坂-2
Vol. 76 2015年 秋の夫婦坂-1
Vol. 75 2015年 夏の夫婦坂
Vol. 74 2015年 春の夫婦坂-2
Vol. 73 2015年 春の夫婦坂-1
Vol. 72 2015年 初めの夫婦坂
Vol. 71 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 70 2014年 晩秋の夫婦坂
Vol. 69 2014年 秋の夫婦坂
Vol. 68 2014年 夏の夫婦坂
Vol. 67 2014年 春の夫婦坂-2
Vol. 66 2014年 春の夫婦坂-1
Vol. 65 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 64 2013年 秋冬の夫婦坂
Vol. 63 2013年 秋の夫婦坂
Vol. 62 2013年 夏の夫婦坂
Vol. 61 2013年 春の夫婦坂-2
Vol. 60 2013年 春の夫婦坂-1
Vol. 59 2013年 初めの夫婦坂
Vol. 58 2012年 年末の夫婦坂
Vol. 57 2012年 晩秋の夫婦坂
Vol. 56 2012年 秋の夫婦坂
Vol. 55 2012年 夏の夫婦坂-2
Vol. 54 2012年 夏の夫婦坂
Vol. 53 2012年 春の夫婦坂-2
Vol. 52 2012年 春の夫婦坂
Vol. 51 2012年 初めの夫婦坂







Vol. 50 2011年 冬の夫婦坂
Vol. 49 2011年 秋の夫婦坂-2
Vol. 48 2011年 秋の夫婦坂-1
Vol. 47 2011年 夏の夫婦坂
Vol. 46 2011年 梅雨の夫婦坂
Vol. 45 2011年春の夫婦坂-2
Vol. 44 2011年春の夫婦坂-1
Vol. 43 2011年 初めの夫婦坂
Vol. 42 2010年 秋の夫婦坂 
Vol. 41 2010年 夏の夫婦坂
Vol. 40 2010年 春の夫婦坂
Vol. 39 2010年 冬の夫婦坂
Vol. 38 2009年 年末の夫婦坂
Vol. 37 2009年 秋の夫婦坂
Vol. 36 2009年 夏の夫婦坂
Vol. 35 2009年 春~梅雨時の夫婦坂
Vol. 34 2009年 春の夫婦坂
Vol. 33 2009年 冬の夫婦坂
Vol. 32 2008年 年末の夫婦坂
Vol. 31 2008年 秋の夫婦坂
Vol. 30 2008年 夏の夫婦坂
Vol. 29 2008年 春の夫婦坂
Vol. 28 2008年 初めの夫婦坂
Vol. 27 2007年末の夫婦坂
Vol. 26 2007年秋の夫婦坂
Vol. 25 2007年夏の夫婦坂
Vol. 24 2007年春の夫婦坂
Vol. 23 2007年1月の夫婦坂
Vol. 22 「酒」の話
Vol. 21 製品カルテ 
Vol. 20 2006年HP・カタログ裏話
Vol. 19 へそ曲げたBMW 
Vol. 18 牛乳
Vol. 17 織物と虫とバイクと
Vol. 16 秘技 防水 ! 役立ちます!
Vol. 15 プロテクション!?
Vol. 14 和の追求 その1
Vol. 13 不覚の年初め
Vol. 12 ダウン vs ダウン
Vol. 11 となりのおみやげ
Vol. 10 ペアスロープ カタログを覗く
Vol. 9 夫婦坂 vs 環七
Vol. 8 夫婦坂の天敵 その2
Vol. 7 夫婦坂の天敵
Vol. 6 速報!第32回 東京MCショー
Vol. 5 夫婦坂スタッフの「隠れ家」 
       引っ越しました。
Vol. 4 夫婦坂 雑草めぐり
Vol. 3 試乗:別冊モーターサイクリスト“裏
Vol. 2 速報! 第31回 東京MCショー
Vol. 1 ホームページ・カタログ制作者の横顔

<< Back