<<サイト案内 << メニューに戻る 担当:三橋

このページでは、ほかのどのコーナーにも当てはまらない話題を不定期に掲載します。重要なことはほとんどなく、むしろ、どうでもよいことばかりかもしれません。・・・でも人間ってのはムダも必要なんですよね。ヒマを持て余してる方はどうぞご覧ください。

※最上部に緑のメニューバーが表示されていない場合は
正常な閲覧のために トップページ から入りなおしてください。



現在、秋冬用サイト&カタログ撮影中。
2021年8月1日 送信


この猛暑の日々の中、エアコンをギンギンに効かせて涼しい顔で革ジャンを着ているのは、今年の春と同じく、近所の岩瀬君。弊社の革ジャンモデルとしては少々若いのだけど「さわやかさ」で、近年の弊社革ジャンの軽快感をお伝えできるのではないかと思います。

彼は役者志望。今年、大企業を退社してまでその世界に一歩踏み入れたが、何のコネもツテもなく役者でメシを食ってゆくのは、そりゃあもうたいへんなことでしょう。まあ、そんな応援も込めて革ジャン撮影をし、何かの役に立つだろうと画像を渡してるのですがね。
岩瀬君の特技は英語にドイツ語、そしてバイク乗り。他の役者にはないものがあるわけで、それらを活かして少しづつでも前進できればいいでしょう。でも、もしもの話で、「有名になったら、弊社のモデルなんかしてくれんだろうなあ」と筆者が言えば、、、
「そんな人の道を外れるようなことはゼッタイしませんっ!」 ・・・マジな顔で返してきました。
映画等でまだエキストラ出演程度ですが、どうか頑張ってほしい。そしていつの日か素晴らしい役者になっても、弊社カタログに「さわやかに」登場してほしいものです。




かがやき・サンダーバード・「山中温泉」・しらさぎ・ひかり
2021年7月22日 送信

7月20日、カミさんと東京駅から北陸新幹線「かがやき」に乗ると、定員の20%にも満たないほどガラガラ。金沢に着くと、20分後に接続する「特急サンダーバード」、のはずが、定期列車なのにコロナ禍で運休! しかたがないので駅で寿司を食べて時間を稼ぎ、1時間後のサンダーバードに乗り、次の停車駅「加賀温泉」で下車。


E7系(JR東日本)、W7系(JR西日本)の「かがやき」、金沢到着。


683系「サンダーバード」、金沢発車。


サンダーバードの面構えはあまりカッコよくないが、モーター音をうならせた元気いい走りには大満足です。金沢から24分で到着した加賀温泉駅では、2023年に開業する新幹線駅の工事真っ最中。なんだか近代的な駅になりそうですな。

駅では知人がいらしてくれて、クルマで山中温泉に向かいます。こうなると「また温泉取材の復活ですかぁ?」と思われるでしょうが、今回はまったく目的が違います。とはいえ、少しは温泉地を楽しみますが、、、。






目的は「漆塗り」です。山中温泉の特産品は、全国でいちばん生産量が多い「漆器」ですが、漆の食器類を作ろうとしているのではなく、あろうことに、革、しかもコードバンに漆塗りをしてもらってます。

もう数か月前からですが、最初は、
「えっ、化学合成品を使わないで、本漆(生漆)だけで? ・・・それは無理ですよ! 曲げたらヒビ割れをおこすじゃないですか。 10年ほど前、牛革で挑戦しましたが、不可能でした。ここらでそんなことに成功した職人はおりませんよ!」
他の漆塗り地域で牛革漆塗りがあることは聞き始めましたが、確かにコードバン漆塗りの存在は、私も知らなかったのです。

話のお相手は、この地で140年もの漆業を営んでいる5代目の喜八さん。無理だと言いつつも、なぜ試作にお付き合いいただけたかと申せば、30年来の弊社のお客様でした。・・・弊社のことは良くご存知ですし、私がそう簡単に引き下がらないこともお分かりだったのかもしれません。ありがたいことに、これも何かのご縁です。


職人さんの通常の仕事は、食器に漆塗り。これは「ろくろ」作業。

漆器業の喜八さんにお会いしたのは、今回が初めてです(30年前にお会いしてるかも?)。いや、最初からお会いしたかったのですが、コロナ禍で伺えず、やっとこの7月、喜八さんも職人さんも私らもコロナワクチンを接種したので訪問できたわけです。
それにしても、たいへんな作業です、この漆塗りというものは。私の想像をはるかに超えてます。


帰路は「特急 しらざき」で米原へ。


豪快な「のぞみ」通過の米原駅。ここから「ひかり」で東京へ。


これから先、いったいどんな展開になるのか楽しさが膨らんでゆきそうです。漆塗りをされたコードバンの魅力がそうさせるのです。

まずは8月7・8日、東京より山中温泉に近い京都伏見店で公開販売致します。といっても製品が少ないので受注生産が多いのですが、皆さまもきっと、「うわっ、キレイ!」と思われることでしょう。


職人オバちゃんが塗った漆です・・・惚れ惚れする美しさです。




新幹線も弊社店内も空いてます・・・
2021年7月18日 送信


先週、京都伏見店の営業で、品川駅から東海道新幹線「のぞみ」に乗りました。指定席に乗車すると、1両約100名の定員に対して、10名程度とガ~ラガラ。平日の午前9時台は、通常時なら希望号車のまん中(揺れが少ない)の進行方向右側(陽ざしが当たらない)の2列席の指定券をとるのに少々苦労すのですが、やはりコロナの影響で出張ビジネスマンがほとんど乗っておらず、観光客の姿も見えない。これじゃあJRさんの経営もさぞかしたいへんでしょう。

いやいや、他人事のように書いてしまいましたが、弊社本店もガラガラな状況です。
コロナ禍前の平日は、仕事途中のスーツ姿のお客様が多くいらっしゃいましたが、新幹線の車内が物語っているように、現在は出張がてらのご来店がほとんどありません。東京は緊急事態宣言中なので仕方がないですね。

とは言えぼやいてばかりはいられません。明後日の20日からは石川県に出張して、漆塗りの職人さんにお会いします。どうやらすごいモノを作ってしまいました。後日少しずつご案内いたします。
あっ、ついに東京五輪が始まりますね。これからあわただしい日々が続きそうです。




久しぶりのクロコダイル・・・7月15日より少し。
2021年7月6日 送信



クロコダイルの中でも、特にうろこが美しいナイルクロコの入手は久しぶりです。しかも3色をそろえたのは初めてのことです。なお、希少なクロコダイルなだけに定番とはならず、カタログやサイトのナインナップはほとんどありません。

今回、7月15日からは、一部の販売品以外に各色クロコダイルを丸ごと展示して、ご希望の方にその部位を指定されて作る、受注生産品も可能としました。
「革の宝石」と言われるだけに高価な素材で、京都伏見店分と合わせても9匹しか用意しておりません。一番人気の長財布であるなら、9個しかできないということです。(実際にはコンパクトジップ財布も腹部で作るので、5個程度)
ほかにもキーホルダーやコインケースなどもありますので、少ないこの機会にどうぞご来店ください。
※ウェブショップは現在未定です。本来はご覧いただきたいのですが7月15日以降はお電話でのご注文も可能です。





ほんとにピンチなのか? 馬の革。
2021年6月26日 送信

馬革不足を革加工所から聞いてましたが、ほんとうなのか、まだ倉庫にあるのではないか? と24日、信州の工場に向かいました。


「ウソなんかついとらんに、ほんとうだに!(信州方言)」と語る担当氏。工場内を偵察しましたが、ソフトホースshは、やはり現在染色している革が最終のようです。(6月26日現在で、ワイン・ダークブルーがあと数着分)
まあ、sh品名の馬革は終わりますが、馬革を完全に終了するのはしのびなく、加工を変えたshf(仮名)なる革をテスト中です。いずれご案内いたします。

工場内にあるのはほとんど牛革。


ん? 赤!

イタリアンレッドの馬ジャン! 作りたかったのですがねえ、ソフトホースshでは夢と消えました。
しかし同じ馬革でも、希少部位ながら“コードバン”は続けます。最近のコロナ禍、そして近年、さまざまな素材や加工材料が高騰しており、作り手としては苦しい状況が続いてますが、でもそれをも越える「なにこれ、スゲー!」と感嘆されるようなもの作りに挑戦してます。何事も頑張るしかないでしょうね。。。

この工場にも言われているような……。






馬の革ジャン sh ・・・ラスト生産です。
2021年6月17日 送信

5月21日の当ページでのお知らせは・・・「革ジャン用馬革の製作数量はあとわずか、なんとか秋まで作れるかどうか」 でした。しかし訂正でございます。現在のsh革在庫状況から前倒しとなり、とても秋まで作ることはできなくなりました。

左からワイン、ブラック、ダークブルー

6月17日時点の革在庫は、人気色であるワインとダークブルーがあと各5着程度、ブラックは10着以下です。(ブラウン・アイボリーのソフトホース、フルタンニンのアンティークホース革はすでに完売)
ソフトホース馬ジャンの受注は、おそらく7月中旬までもつかどうか、が現状です。そもそも入手困難な革ですが、ついに現実となりました。気になる方は、どうぞお早めにお願いいたします。

なお、本年秋からはソフトホースshに代わって、「shf」になります。従来のshとはソフト感は変わらずも、加工による若干の表情が異なります(肉眼では分かりにくい程度)。そしてshfの革も豊富ではなく、カラーは2色または3色に絞り込み、まことに申し訳ないことに、価格は上がります。これもまたどうかご了承ください。





ツイッター、初心者です。
2021年6月12日 送信

とはいえ、弊社のツイッターは2012年から開始していたようですが、半年前、うかつにもそのバナーボタンを消してしまい、その復活として私が受け継いだのです。
私が始めたキッカケは6月6日、気になっていたアニメ“スーパーカブ”の公式ページを見ていて、何気なくそのツイッターも開けているうちに、「ツイートする」というのを押してしまったのです。無知とは怖いもので「ツイートする」意味が分からなかったわけです。

普通ならそれでおしまいの話ですが、即座に言葉を添えて反応され方がおられました。それが“スーパーカブ”の原作者 トネ・コーケンさんでした。ビックラこきました。(アニメの主人公の赤いウェアが弊社STP-05であることは、さらにビックリですが)
あらららら、このままでは返事も返せず申し訳ない。しかしここからどうしてよいものかさっぱり分からず、カミさんに「ツイッターって何よ?」から教わり、速攻で始めました。

まだツイッターそのものの機能とかは理解しておりませんが、発信はすごく簡単で、このページの発信と比べたら10分の1以下の時間ですから、今さらながら、なぜしなかったのか不思議ですね。

これからはひんぱんにツイッター発信いたします。たぶんどうでもいいことも含めてですが、、、。






アニメ “スーパーカブ”
2021年6月6日 送信

先月の中旬だったか、知人が来店するなり、
「テレビアニメのスーパーカブ、って知ってますぅ?」
まだ見たことないけど、二輪誌の編集さんから聞いてた好評のアニメだなあと思いつつ、あとでその公式サイトをサラッと覗いてみれば、女子高生がスーパーカブに出会って走り回る、というストーリー。それに加えてなんとなく覚えていたのは、弊社スウィングジャックに似た赤いウェアを着ていたこと、です。

これは筆者のスーパーカブです・・・6月6日、店舗裏側にて

そして本日、その知人から、
「やっぱりそうですよ、あの赤いウェアは、ペアスロープのSTP-05がモデルですよぉ!」
と、原作者のトネ・コーケンさんのツイッターを添付してメールが届きました。そのツイッターを見れば、トネ・コーケンさんご自身が愛用している赤のSTPの写真と共に、主人公“小熊さん”が着ているのは「ペアスロープ」のウェアだと掲載されてました。
・・・うれしいです。なんと光栄なことでしょうか。

“スーパーカブ”のテレビ放送は真夜中。筆者はとても起きてる時間ではないので、12話まで(最終回かな?)全部予約設定しておきましょう。これは見逃すわけにはゆきませんね。
こんなコロナ禍の暗い状況の中に「ほっと癒やされるアニメ」。よろしければ皆様もどうぞ。
アニメ:スーパーカブの公式ページへ >>


ちなみにアニメの主人公の「小熊さん」が着ているウェアSTP-05タイプはコレです。
30数年前からの定番モデルで、毎年のように生地素材は変わってますがカタチは同じです。
現在は・・・STP-05VT or STP-05CD、高校生にはちょっと高値でしょうね。
本日6月6日は「小熊さん」の誕生日だそうで、ぜひプレゼントしたいのですがねえ。。。




きっと見つかります ・・・エアタグケース発売
2021年6月3日 送信


今年4月30日にアップル社から発売された「AirTag」。アイフォンを使って、それのある場所を探してしまう、という優れものです。
さて発売の翌日、弊社の元社員のICHI君がそれを自慢げに持ってきて、聞けば出先で家の鍵を失くし、えらい目にあったことで早々にエアタグを買ったそうです。
ところがすでに販売されているエアタグケースは、どうにもしっくりこず、バイク用には使えず、で、「ペアスロープ製がほしい」となったわけで、1週間程度で作りました。

しかしそんな試作品のレベルで弊社が満足するわけではなく、だったら質の高いものを! と5月下旬には完成、そして6月3日、販売開始となったわけです。まあ、アイフォン持ってないと意味ありませんが、他の活用法もないわけではありませんが……。


初お披露目の反射材。

「革の王様」コードバン・・・美しい輝きです。

500円玉が3枚入る1500円コインケースとしても。ほんとは4枚入るのですが、出し入れが面倒なので。


バイクやクルマのキーホルダーや家の鍵やバッグに掛けたりと(コインケースとしても)使い道はいろいろとありますが、個人的に思ったのは「子供の見守り」 ・・・困ったもので、ちょっと目を離したスキに、どっかいっちゃうんですよ。
スーパーやコンビニ程度の広さならまだしも、百貨店や遊園地や駅等で役に立つにちがいないと考えます。(推奨されていないので、ほんと、個人的にです)

このくらいの歳がいちばんヤバイです。


↓・・・こちらへどうぞ




[お知らせ] 馬の革ジャン製作、大ピンチです。
2021年5月21日 送信


そもそも馬革素材の在庫も入手量も少ないのですが、ついに今年の夏で革加工所の原材料が尽きてしまい、革ジャン用馬革の製作数量はあとわずか、なんとか秋まで作れるかどうか、といった状況です。
おそらく、秋からの当サイトやカタログから、馬革ジャンのほとんどがラインナップから外れることになります。そしてわずかな馬革は製作工程上、価格が上がります。しかし「いきなり!」ではご購入を考えておられたお客様に申し訳ないので、前もって記載しました。

「なんとか秋まで」と申し上げましたが、馬革カラーが選べるのは夏まで、もしくは現在庫に限ります。筆者は3着愛用してますのでもう作りませんが(少ないのに作ったらイカンでしょう)、軽快な馬ジャンが気になる方は、お早めにどうぞ。

・・・末長く馬の革ジャン作りをしたかったのですがねえ、材料がなければ弊社工房職人もお手上げです。残念です。あ~ほんとに残念です。

※馬革(コードバン含む)グッズは秋以降も引き続き製作します。
※リペア用の馬革は少なくとも5年は保管しますのでご安心下さい。





あいは美しい。
2021年5月14日 送信


これは藍染めの革、ほんとに美しい「ジャパンブルー」です。(藍色を海外でそう呼んでいるそうです)
昨日、弊社製品を通販でお買い上げいただいた徳島県のお客様が、藍の葉の産地だったのに気づきお電話さしあげたら、偶然にも藍を育てていた農家さんでした。そのお客様にご紹介いただいた方が、染料を作るための藍の葉を発酵させる「すくも」という作業の職人さんで(NHK大河“晴天を衝け”の渋沢栄一の若い頃の職業ですね)、いろいろとお話を聞かせていただきました。
話しているうちにこの藍染め革の「すくも」は、これがまた偶然ですが、この職人さんの手によるものらしく驚いた次第です。もうすぐにでも徳島県に行って、より詳しくお聞きしたい! そう思ったのですが、このコロナ禍の状況では伺えません。残念ですが仕方がないですね。
さて「藍の革」でいったい何を作ろうか、現在思案中です。いやあいや、試作を作り始めるところですから、できましたらまずはチラ見せいたします。どうぞご期待ください。

それにしても暑くなってきました。奥深く爽やかなジャパンブルー製品はまだ先ですが、その前に夏を乗り越えるための涼し気なライディングギアはいかがでしょうか。熱中症に気をつける時期ですから・・・。




気兼ねなく走り回りたいものです。
2021年5月7日 送信


夏の製品は“涼しい ウェア・グローブ・ブーツ ラインナップ”でメニューページから少し違った方法でご案内しておりますが、しかしそこでは個人的な好みまでは書いておりません。実のところ、筆者の夏の近年愛用品は上記写真の“SG-088D”と“麻ジャケット”です。ではその理由、、、

[SG-088D] およそ25年前のSG-066から始まったハーフメッシュですが、これほど長く販売し続けているのは、やはり需要があるから。2021年のモデルはその最高峰と言えます。・・・着脱式にしたセキツイパッド、ヒョウドウさんとこの胸部プロテクターをオプション装着化、そしてメッシュ以外の本体生地は、ゆるやかに通気するコットンストレッチデニムです。この3点が今までとは違うのです。
[麻ジャケット] 3種のモデルがありますが、どれもツーリングだけでなく街着としても通用するクオリティー。しかもハーフメッシュと涼しさはほぼ同等です。そのザックリとした麻の味わいがいいですねえ。自宅で普通に洗濯ができるし、なんといっても耐久性抜群です。

・・・あっ、ほかのサマーモデルもいいのですよ。でも特に筆者は上記モデルがお気に入りなのです。
コロナにジャマされて、現在楽しいツーリングができません。ワクチン接種が増えて、少しでも快適な夏をすごしたいですねえ。。。





アナログ人間がサイト制作トリプル奮闘中
2021年5月3日 送信


ペアスロープ公式サイトは時間がある時にぼちぼちと更新してきました。ところが4月30日で京都伏見店が一時休業し、同時に店長が業務を終えたものですから、5月1日からは筆者が全てサイトを作りなおして徐々に更新しているわけです。(おまけに7月からの京都伏見店の不定期営業は店長兼任)
二つのサイトだけでもたいへんなわけですが、それに加えて同時進行しているのが「ペアスロープ公式英訳サイト」の制作。これがまた英語が分からない筆者ですから大混乱でして、さらには英訳サイト用の製品開発も進めているので、もう頭の中はごちゃごちゃです。
こんな時は温泉でも浸かりに行く旅に出て、身も心もひと休みしたいところですね。しかしコロナのこんちくしょうで、それもかないません。
あ~、なんてこったぁ~~~ ではありますが、上記それぞれ、極めて面白いことになりましょう。皆さまどうぞ小さめにご期待ください。

こうした状況の中、無情にも20年前に退社した元社員が、「これを入れるキーホルダーを作ってくれませんかねえ」と来店しました。それなに?と言ったら、「もしかしてこれ知らないの?」って顔されて解説。
聞けばアップル社の AirTag (3800円)といって3日前の4月30日に発売されたもので、大事なものを紛失してもその中に入れておけば、スマホで場所が確定できる。特にキーは失くしやすいし、バイクに付ければ盗まれてもすぐに発見、と優れものらしい。
 https://www.apple.com/jp/airtag/


まあ元社員だし、英訳サイトの大事な協力人でもあるし、今月中に作ってあげようとなりました。
そもそもアップル社の純正AirTag ホルダー(5500円)を購入してるのに、それを使わず弊社製のをという希望なのだから、牛革、馬革、鹿革? いやいやここはひとつ大奮発して革の宝石「クロコダイル」か革の王様「コードバン」を使ってみようかな。そんな高価な素材はまだどこにも使われてないようだしねえ。。。

・・・今、超多忙なのに、またひとつ仕事を増やしてしまいました。でもこれも面白そうなので、うまくできれば6月にAirTag用ホルダーを弊社で発売しましょう。皆さま、これも少々お待ちください。




京都伏見店は5月1日より2カ月ほど休憩します
2021年4月23日 送信


2012年3月にオープンした京都伏見店、当初より5年間はペアスロープ直営で、2017年より橋本店長のフランチャイズ経営「継(つぐ)」となりまして、2019年にまた元の名の「ペアスロープ京都伏見」に戻したのですが、2020年にコロナで打撃を受けまして2021年4月でついには閉店、の予定でしたが、考え直して2021年7月から完全直営で営業再開(しばらくは不定期営業日)となります。
……なんだか目まぐるしく変わりまして申し訳ございません。こういうわけで橋本店長は本年4月30日をもって業務を終えます。皆さま、ご愛顧ありがとうございました。

それにしても、今までいろいろなことをしましたね・・・。

多くの撮影をしました。

スタッフ一同、和服の時。
絹織物の織り元旦那衆のイベント。

京都しぼり染めの若旦那。

東京からリーガルさんもやって来て。

四国の屋島工房グローブイベントも。

店内でお客様とトークライブもやりました。

とある大御所さんが舞妓はんを呼びまして。
1日店長モンちゃん(多聞恵美さん)が着物でお客様をご案内・・・今後も頼もうかな。 中庭の手入れがけっこうたいへんでして、これからは筆者の仕事でして。


思い出せばオープンからの5年間、少々めちゃくちゃなこともしました。それについてきてくれたのが橋本夫婦の二人、ずいぶんと苦労させてしまいました。
4月30日でお別れとなります。橋本店長のような誠実で穏やかなスタッフがいなくなるのは残念ですが、それは筆者だけでなく、今までにご来店いただいたお客様もそう思っておられるのだと察します。

そして7月からは筆者が京都伏見店の店長を務めさせていただきます。橋本店長のようにはなれませんが、その代わり、普通の営業形態ではなく「何かやらします」。
いずれ京都伏見店サイトでご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。






初めての試み
2021年4月18日 送信

左の画像はペアスロープ英語サイトの中の温泉紀行ページです。とはいえまだ送信はしておりません。
弊社英語サイト制作は、数年前から周りの知人に勧められておりました。しかし弊社スタッフには英語堪能者がおらず尻込みしてました。私を先頭に。
ところがよくよく考えてみると、周りの知人には英語ペラペラが数名おり、その中には米国で生活していた私の甥っ子も。なので現在、その皆さんの協力を得て、私の日本語文章の一部製品と紀行ページの翻訳に取り組んでおります。

しかし私の文章ってのが問題で、そもそも日本語でも理解しがたい感覚的な文章が多く、しかも日本の伝統文化用語もたくさんあるわけで、たとえば温泉編の天狗温泉の「天狗」は、どう英訳する? てな感じですね。日常英語で仕事している皆さんですが、そりゃもうたいへんで、きっと頭をかかえていることでしょう。さらには「英訳できましたっぁ!」と私に英文確認を求められても、さっぱり分からないのが、これまた困ったものです。

そうそう、温泉英訳ページは現在送信している“二輪旅紀行”の温泉宿ガイド的な簡易内容ではなく、今まで2冊出版した温泉本の中から、外国人の皆様にお薦めの温泉を英訳案内する“温泉紀行”です。英語が理解できる方は、きっとお楽しみいただけます。
「あっ、それじゃ英語できる人だけが得するじゃないか!」と思われるでしょう。もし可能なら出版社の許可を得て、日本語版もリンクしようかな、と考えてはおります。

そんなこんなで、7月送信開始を目標としております。これを機に、新たな製品展開も予定しております。少々お待ちください。





そろそろどいてくれないか。
2021年4月16日 送信


風邪をひいて保育園を休む孫の居場所は、我が家か本店の私の仕事場。そしてこの2日間は私のパソコンに居座り、童謡動画に夢中。
まだ1歳数か月の幼児に「コラッ、仕事のジャマだ、ドケッ!」とも言えませんしね、言ったところで泣かれて困るのは私ですし、まいってしまいます。
いずれ革ジャン着て宣伝してもらい、借りを返してもらうので、ヨロシクねえ。(すでに弊社サイトに登場している革ジャン娘のイトコです)

新緑の美しい季節に入りました。皆さま、コロナに気をつけて楽しみましょう。




まだ暖かくはないのですが・・・発売です
2021年4月9日 送信


早くもSG-088Dハーフメッシュジャケットを発売しました。今年のモデルは本体にストレッチ(伸縮性)デニムを使ってます。メッシュ部分の通気性はもちろんですが、デニムも若干通気して蒸れを防ぎます。近年の気温上昇ではGWくらいから着れそうな気がしますね。
まだ肌寒い日が続いてますが、ありがたいことに気の早い方が多くおられ、すでにご予約で3分の1が販売済みです。追加生産はできませんので、カラーを選びたいお客様は、どうぞお早に。

それにしても、憎っくきコロナ、なんとかならんのでしょうかね。暖かくなったらこれを着てひとっ走りして、高原の人気のソフトクリームなんぞを食いまくりたいのです。 ・・・おっとデニムにソフトクリームがベト~っと垂れてしまった。でもご安心下さい。家庭の洗濯機(手洗いモード)で洗えますから。。。



そうそう、アピールはもうひとつあります。このモデルはHYOD社製の胸部プロテクター(オプション)装着が可能で、あらかじめ装着用マジックテープを縫製済みです。着脱式フェルトセキズイパッドと合わせて、涼しく、快適に、安全に、夏をお楽しみください。
詳細ページはこちらへ >>




京都伏見店はひと休みします
2021年4月1日 送信


京都伏見店は今月末、4月30日で一旦休憩します。5月と6月は店内でドタバタと作業をして、7月より営業を再開します。
とはいえ、まだどんな方法で再開するかはまったく決まってはおりません。分かっているのは、しばらくの間、営業日が非常に少なくなること。そしてその少ない営業日には東京本店からスタッフが向かい(ほとんどが私かも)、何かやらかそう、といった寸法です。

4月30日までは定休日(4月は火曜日のみ定休)をのぞいて連日営業致します。なんだか「掘り出し物」もあるようで、マスクをなさってどうぞよろしければご来店ください。







メニューへ戻る >>




味なコーナー ・・・・・・




この木なんの木、気になる木?


よく目にする1987年からのマークである。そしてそのひとつひとつの文字やイラストに意味はある。しかし、それらを知る人は非常に少ない。 なぜか、、、今まで公表していなかったからにすぎない。 なぜか、、、たいした事ではないから。
でも2008年で弊社も25周年、そろそろお伝えしようかと。
PAIR SLOPE
これは社名&ブランド名。すぐ近くの「夫婦坂」を無理矢理欧文化したことはすでに知られている。どこか違う場所にショップをオープンさせたら、いったいどんな名称だったろうか。
・・・名前なんてどうでもよかったのです。要は製品勝負!
HONEST LEATHER GEARS & GOODS
この1行は1970年代に世界GPワールドチャンピオンだったコーク バリントン氏によるもの。1986年の来店時に弊社製品の印象を聞いたら「誠実な革製品!」と欧文で紙に書いて渡され、以降愛用する。
気になる“木”
なぜ木なんだろう、なんの木なんだろう、と疑問を持つ人も多かろう。それは弊社製品が、皮革やコットン等の天然素材を主体とすることに起因する。とは言っても、時は経ち、現在はライディングギアに適した高機能化学繊維も採用する。世間から言われるほどの頑固なメーカーではない。
なお、その木、ブナ科のドングリの木をイメージしている。カタチの整ったきれいなドングリは素晴らしい。そしてそこにはクワガタやカブトムシが集まる。(昔の)子供達にとってはヒーローの木だ。
It's very durable and ・・・
“我が製品は、流行に左右されず、末永く愛用できるでしょう” そんなふうなことを、カッコつけて欧文にしてみた。ただし、当時の知人経由で、日本人の英語教室の先生に依頼した文であり、ほんとうに英訳が合っているかどうかは定かでない。もし多少ちがっていても、そんなことにこだわりません。

確かにひとつひとつに意味を持つが、でもなぜ英語でなければならないのだろうか。 創業時からずっと“日本製”なのに。
そんな疑問から、近年、日本人なら誰でも読める“日本語”になりつつある。ちなみに素材までも国産を使用した自社工房製は“夫婦坂”表示。“ふうふざか”ではありません、“めおとざか”ですぞ! ・・・日本語ってのも難しいですねえ。



夫婦坂のつれづれ

Vol. 112 2021年 春の夫婦坂
Vol. 111 2021年 冬の夫婦坂-2
Vol. 110 2020年 冬の夫婦坂
Vol. 109 2020年 秋の夫婦坂
Vol. 108 2020年 夏の夫婦坂
Vol. 107 2020年 春の夫婦坂-2
Vol. 106 2020年 春の夫婦坂-1
Vol. 105 2020年 冬の夫婦坂
Vol. 104 2019年 冬の夫婦坂
Vol. 103 2019年 秋の夫婦坂
Vol. 102 2019年 夏の夫婦坂
Vol. 101 2019年 令和最初の夫婦坂
Vol. 100 2019年 平成最後の夫婦坂
Vol. 99 2019年 春の夫婦坂-1
Vol. 98 2019年 冬の夫婦坂-2
Vol. 97 2018年 冬の夫婦坂
Vol. 96 2018年 秋の夫婦坂
Vol. 95 2018年 夏の夫婦坂
Vol. 94 2018年 春の夫婦坂
Vol. 93 2018年 冬の夫婦坂
Vol. 92 2017年 冬の夫婦坂
Vol. 91 2017年 秋の夫婦坂-2
Vol. 90 2017年 秋の夫婦坂-1
Vol. 88 2017年 夏の夫婦坂
Vol. 88 2017年 春の夫婦坂-2
Vol. 87 2017年 春の夫婦坂-1
Vol. 86 2017年 冬の夫婦坂
Vol. 85 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 84 2016年 秋の夫婦坂
Vol. 83 2016年 夏の夫婦坂
Vol. 82 2016年 春の夫婦坂-3
Vol. 81 2016年 春の夫婦坂-2
Vol. 80 2016年 春の夫婦坂-1
Vol. 79 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 78 2015年 冬の夫婦坂
Vol. 77 2015年 秋の夫婦坂-2
Vol. 76 2015年 秋の夫婦坂-1
Vol. 75 2015年 夏の夫婦坂
Vol. 74 2015年 春の夫婦坂-2
Vol. 73 2015年 春の夫婦坂-1
Vol. 72 2015年 初めの夫婦坂
Vol. 71 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 70 2014年 晩秋の夫婦坂
Vol. 69 2014年 秋の夫婦坂
Vol. 68 2014年 夏の夫婦坂
Vol. 67 2014年 春の夫婦坂-2
Vol. 66 2014年 春の夫婦坂-1
Vol. 65 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 64 2013年 秋冬の夫婦坂
Vol. 63 2013年 秋の夫婦坂
Vol. 62 2013年 夏の夫婦坂
Vol. 61 2013年 春の夫婦坂-2
Vol. 60 2013年 春の夫婦坂-1







Vol. 59 2013年 初めの夫婦坂
Vol. 58 2012年 年末の夫婦坂
Vol. 57 2012年 晩秋の夫婦坂
Vol. 56 2012年 秋の夫婦坂
Vol. 55 2012年 夏の夫婦坂-2
Vol. 54 2012年 夏の夫婦坂
Vol. 53 2012年 春の夫婦坂-2
Vol. 52 2012年 春の夫婦坂
Vol. 51 2012年 初めの夫婦坂
Vol. 50 2011年 冬の夫婦坂
Vol. 49 2011年 秋の夫婦坂-2
Vol. 48 2011年 秋の夫婦坂-1
Vol. 47 2011年 夏の夫婦坂
Vol. 46 2011年 梅雨の夫婦坂
Vol. 45 2011年春の夫婦坂-2
Vol. 44 2011年春の夫婦坂-1
Vol. 43 2011年 初めの夫婦坂
Vol. 42 2010年 秋の夫婦坂 
Vol. 41 2010年 夏の夫婦坂
Vol. 40 2010年 春の夫婦坂
Vol. 39 2010年 冬の夫婦坂
Vol. 38 2009年 年末の夫婦坂
Vol. 37 2009年 秋の夫婦坂
Vol. 36 2009年 夏の夫婦坂
Vol. 35 2009年 春~梅雨時の夫婦坂
Vol. 34 2009年 春の夫婦坂
Vol. 33 2009年 冬の夫婦坂
Vol. 32 2008年 年末の夫婦坂
Vol. 31 2008年 秋の夫婦坂
Vol. 30 2008年 夏の夫婦坂
Vol. 29 2008年 春の夫婦坂
Vol. 28 2008年 初めの夫婦坂
Vol. 27 2007年末の夫婦坂
Vol. 26 2007年秋の夫婦坂
Vol. 25 2007年夏の夫婦坂
Vol. 24 2007年春の夫婦坂
Vol. 23 2007年1月の夫婦坂
Vol. 22 「酒」の話
Vol. 21 製品カルテ 
Vol. 20 2006年HP・カタログ裏話
Vol. 19 へそ曲げたBMW 
Vol. 18 牛乳
Vol. 17 織物と虫とバイクと
Vol. 16 秘技 防水 ! 役立ちます!
Vol. 15 プロテクション!?
Vol. 14 和の追求 その1
Vol. 13 不覚の年初め
Vol. 12 ダウン vs ダウン
Vol. 11 となりのおみやげ
Vol. 10 ペアスロープ カタログを覗く
Vol. 9 夫婦坂 vs 環七
Vol. 8 夫婦坂の天敵 その2
Vol. 7 夫婦坂の天敵
Vol. 6 速報!第32回 東京MCショー
Vol. 5 夫婦坂スタッフの「隠れ家」 
       引っ越しました。
Vol. 4 夫婦坂 雑草めぐり
Vol. 3 試乗:別冊モーターサイクリスト“裏
Vol. 2 速報! 第31回 東京MCショー
Vol. 1 ホームページ・カタログ制作者の横顔

<< Back